FX 信託保全 上限

ペイオフだと上限は1千万

銀行が破城した場合の預金者保護にはペイオフがあります。
しかし、ペイオフには上限があり1千万円という上限があります。

 

1千万円以上預金をする事は可能だけど1千万円しか保護されないという事になります。
もし1千万円以上預金したいなら自己責任になります。

 

すなわち複数の銀行に分けて預金するか、1つの銀行に預金するなら定期的に銀行の状況をチェックしないといけません。
銀行が倒産するなどは外部からはわからないので公開されている情報から危険と感じたなら預金を引き出すなどしないといけません。

 

複数の銀行に預金する場合も条件のよい銀行を探さないといけません。
1千万円を預金しようとするならそれなりの手間は掛かるという事になります。

 

では、fxにも銀行のようにペイオフが適用されるかというとこちらのページにも書いているようにfxはペイオフではなく信託保全によって資産は守られます。
ですのでfx業者が破城しても資金は守られます。

 

ペイオフのように1千万円という上限もなく会社の資産と自分の資産は別で管理されているのですべての資産が保護されます。
仮に多額の資金を運用していても安全という事になります。

 

銀行のように1千万円以上と以下で考える必要もありません。

 

fx信託保全には上限はないけどリスクヘッジの必要はあり

では、fx業者破城によるリスクには備えなくてもいいかというとそうではありません。
fx業者が破城した場合、資金は保護されますが、すぐに今までのようにトレードが出来るというわけではありません。

 

新しいfx業者を探してその業者に資金を移管してトレード出来るようになるまでは一定期間掛かります。
この取引が出来ない期間をリスクと考えるならそれに備える必要があるでしょう。

 

自分の資金がなくなるだけではなく「トレードの機会損失」もリスクの1つと考えるべきではないでしょうか。
このリスクに対応するには対策は1つしかありません。

 

常から複数の業者でトレードする事です。
すなわちメインで取引をする業者とサブで取引をする業者を持つ事です。

 

もし、どちらかの業者が破城してももう1つの業者でトレードすればいいのです。
フルの資金で取引出来ないにしても全く取引出来ないわけではありません。

 

 

トップへ戻る