FX 信託保全 海外

MENU

海外のFX業者で取引を行う場合、信託保全はどうなるのか?

 

fxの取引をする人の中には海外のfx業者で取引をしたいと思っている人もいると思います。

 

海外のfx業者のメリットでよくいわれるのは、レバレッジの高さです。

 

日本国内だと最大25倍までしか行えませんが、海外のfxだとそれ以上のレバレッジ1000倍という取引を行うことができます。

 

デメリットは、やっぱり英語というところでしょう。
デメリットの1つとして信託保全があります。

 

日本国内では、fx業者は完全信託保全が義務つけられていますが、あくまでも国内でのため海外では適用されません。

 

海外のfx業者は、信託保全と分別管理の2通りがあります。

 

分別管理というのは、その名の通りfx業者の資金と顧客の証拠金を別に分けて管理するという意味でfx業者が倒産した場合は証拠金は戻ってきません。
海外の多くのfx業者はこちらになります。

 

信託保全は、上限を決められている場合と完全信託保全の場合があります。
信託保全の引受先の銀行は、日本のメガバンクよりも各付けが高い銀行が引き受けており安心できます。

 

 

海外のfx業者も業者によっては安心して取引ができますが、海外のfx業者で取引をする前にレバレッジ1000倍というのを考えたほうがいいと思います。

 

儲かる度合いも早いのですが、損失も非常に早いです。
例えば、円ドル1000万通貨を買っていて1円下がれば1000万円の損失です。

 

むりして海外のfx業者で取引をしなくてもいいんじゃないと思います。

 

 

日本のFX業者はこちら>>