FX 信託保全

MENU

初心者に勧めるFX業者の選び方

本サイトが推奨するFX業者の選び方を紹介します。

 

各FX業者のサイトやネットの情報を見るとスプレッドがいくらスワップポイントがいくらというような情報が踊っています。

 

たしかにスプレッドが狭く取引の手数料が少なかったりスワップポイントが高かったりすればそれに越したことはありません。

 

FXでもっとも大事なことは、リスクの対策です。
いかに儲けるかというよりもいかに負けないかということを考えたほうがいいです。

 

それでも予期せぬ損失を被ったりします。

 

FX業者選びは、まずその一歩です。

 

信託保全が義務化されて昔ほどあやしい業者は見かけなくなりましたが、それでもすべてのFX業者は問題はないとは言えません。

 

FX業者選びの第一歩は、倒産しないようなFX業者を選ぶことから始まります。
そのためには、信託保全を始めFX業者のことをチェックすべきです。

 

万が一、FX業者が倒産してしまえば、信託保全で自分のお金は守られているとは言えなかなかお金は帰ってきません。

 

本サイトでは、信託保全を始めとするFX業者選びのポイントを紹介しますのでFX業者の選びの参考として使用して下さい。

信託保全とは

顧客から預かった保証金(資金)を、FX業者の財産とは区別した上で第三者(信託銀行等)に管理を委託し、資金を保全する方法です。

 

信託保全によってFX業者の破たんした場合、資金を失うというリスクを回避できます。

 

2010年2月よりFX業者の全額保全が義務づけられましたが、信託保全だからといって安全ではありません。

 

本サイトでは、安全な業者のチェックポイントについて説明したいと思います。

 

FXで儲けるという以前に破綻・倒産するようなFX業者を選ばないところからはじめるべきです。

 

FXの信託保全とは何か|FXの業者選びは安全な業者から
FXプライムより(破綻時の保証金の流れ)

「一部信託保全」と「完全信託保全」

 

信託保全だからといって安全ではありません。信託保全の中にもいくつか種類があります。

 

  • 完全信託保全
  • 顧客の証拠金を完全に金融機関の信託口座に預け、分別管理する

  • 分別保管
  • 金融機関の信託口座は利用せず、自社内で分別管理する

  • 一部信託保全
  • 顧客の資金の一部を金融機関の信託口座に預け、分別管理する(残りを自社で管理する)

 

「一部信託保全」「分別保管」に関してはFX業者が破たんした場合は、証拠金の一部は帰ってこない可能が高くFX業者を選ぶ場合は、「完全信託保全」の業者を選ぶべきです。

 

「週次信託」か「日次信託」か

 

信託保全のチェックポイントとして、信託残高をいつ修正するかという点があります。

 

主には、「日次信託」と「週次信託」があります。

 

信託残高を修正する期間が短いほど経営状態が悪化したとき経営者の意のままになるリスクが少ないため安全性が高いといえます。

 

信託保全範囲

 

信託保全金額の範囲にも保全範囲が「証拠金そのもの」か
証拠金±損益±スワップ金利−手数料」の違いがあります。

 

投資手法により影響度は異なりますが、「証拠金±損益±スワップ金利−手数料」
のほうが安全度は高いと言えます。

 

自己資本率

 

FX業者の安全性をチェックする指標として「自己資本率」があります。

 

金融庁の指導によりFX業者に以下を義務付けてられています。

  • 140%を下回った場合、金融庁への届け出が必要
  • 120%を下回った場合、新規口座開設受付の停止
  • 100%を下回った場合、3か月以下の業務停止、もしくは登録取消

 

この自己資本率というのは固定ではなく3ヶ月毎ぐらいに発表され結構変わったりします。なるべく大きい業者を選ぶべきでしょう。

信託保全先について

 

おまけです。

 

FX業者が破綻する確立にくらべ信託先の金融機関が破綻した場合はどうなるか?

 

信託法28条により、信託銀行の財産は信託銀行の資産と明確に分別管理されることが義務付けられているので顧客資金は守られます。

 

信託先から見るFX業者のチェックポイントとして、住友信託銀行・三井住友銀行のような銀行を信託先としている業者は一流のFX業者といえるでしょう。

 

人気というFX業者の選定の指標

FX業者を選定する際の指標の1つとして「人気」を基準にしても問題は
ありません。

 

もちろん、自己資本率や信託保全などをチェックした上でということに
なりますが。

 

よく見かけるのが、取引高世界○位。

 

これは、それだけ多くの人が使っているということで何か問題があるの
であれば多くの人は使いません。

 

ちょっと微妙なのが・・
口座開設○○○

 

一般人には、○○○という数字が多いのか少ないのかというのが
わからないし口座開設したけど使ってないかもしれません。

信託保全お勧めFX業者

fxを行う際の業者選びは重要です。選ぶ基準としては、スプレッドやスワップポイント・使えるアプリケーションなどいろいろな基準があります。

 

fx業者は今でこそほとんどの業者で安心して取引をすることができますが、一昔前までは倒産したり、信託保全ができてない業者もありました。

 

fx業者選びは、まずスプレッドやスワップポイントよりも安心して取引できる業者を選ぶべきでしょう。
fxの取引をする上で安心して取引ができる業者を紹介します。

 

DMM FX

DMM.com証券

 

まずは、DMM FXです。信託保全のチェックポイントを満たしていることは当然ながら
取引高2014年第2四半期には、世界第2位と多くのFXトレーダーに使用されています。
はずせないFX業者です。

 

信託保全のチェックポイントは、

 

  • 完全信託保全
  • 証拠金の保全範囲は、証拠金に実損益、スワップを加えたもの
  • 日次信託
  • 保全先…日証金信託銀行およびソシエテジェネラル信託銀行
  • 自己資本率 613.5% (2016年6月末)

 

DMMFXの公式サイトへDMMFXの詳細へ

 

 

マネーパートナーズ

外為

 

信託保全のチェックポイント

 

  • 完全信託保全
  • 証拠金の保全範囲は、証拠金に実損益、スワップを加えたもの
  • 日次信託
  • 保全先…三井住友銀行およびみずほ信託銀行
  • 自己資本率 481.7%(2016年6月末)

 

マネーパートナーズ公式マネーパートナーズの詳細

 

 

FXプライム

『選べる外貨』468×60

 

JASDAQ上場のFX会社であるFXプライムです。

 

『選べる外貨』
FXプライムの『選べる外貨』は、様々な投資スタイルに対応する全12コースをご用意。自由・簡単なコース選択と、シンプルでわかりやすいリスク管理を同時に実現した商品です。

 

『直トレ -チョクトレ- FX』
『直トレFX』とは、インターバンク市場直結型の店頭外国為替保証金取引です。低スプレッドでお取引いただけるとともに、プロのディーラーの意見を参考に自社開発した取引ツールで、スピーディーな注文操作が可能です。

 

  • 完全信託保全
  • 証拠金の保全範囲は、証拠金にスワップ等に加えプラスアルファで弁護士費用も補填
  • 日次信託
  • 自己資本率 590.5% (2016年07月末)

 

FXプライムの公式FXプライムの詳細